中の人日記

「一番最初に考えるべきは『なぜ働くのか?』ということなんだろうなぁと思います 」
ヒトデの中の人日記 私の仕事感1/3

これまで300人以上にインタビュー し、色んな暮らし方や生き方に触れてきたヒトデの秋吉が綴る日記です。どうぞご覧ください。読んでくれた方の「働く」という価値観の幅が、ちょっとだけ拡がるかもしれません。

今回は私の仕事感を短い三部作にまとめました。私が普段どんなことを考えて仕事選びをお手伝いしているのかについて綴っていこうと思います。みなさんの仕事選びをお手伝いしながら、日々私も迷ったり悩んだりしています。学校の問題のように「これが正解です」と誰かが教えてくれるものでもありません。何を信じてどう進むのか。人の数だけ答えがあるんだろうと思います。こうして書くことで自分の気持ちを正解たらしめるものにしたいのかもしれません。試行錯誤の中にある私の現在地点のようなものを書いてみます。

 

仕事選びの際、一番最初に考えるべきは「なぜ働くのか?」ということなんだろうなぁと思います。私はこの問いを「どう生きたいか」という問いと、ほとんど同義として捉えています。人は働いている時間と暮らしている時間の2つの時間を持っていて、切り離して考えることはできません。どちらの時間も互いに影響を及ぼしている。つまり、仕事を選ぶということは、もう一方の暮らしの時間も選ぶということ。どちらかだけを考えて選択するのは不自然な気がしています。みなさんはどう生きたいですか?

仕事はそれ自体が目的ではなく、何かの手段です。では何のための手段なのか。もちろん社会のためであるべきですが、それと同時に働く私たち一人一人のためでもあるべきだと思うのです。働くという手段を通じて、どう生きたいのか。仕事を選ぶなら、本来はここから考える必要があると考えています。いきなり「どんな仕事が向いているのか」と考えるのではなく、焦らず立ち止まって「自分はどう生きたいのか」と考える。その時自分が感じる理想のイメージを膨らませる。それが仕事を考える時に、一番最初に大切になることだと思うのです。(2018/9/21 秋吉直樹)

 

「 ぐらぐらと変化する価値観を楽しむために意識する『時点』とは」 私の仕事感2/3

「人生の途中を楽しむために大切なこと」ヒトデの中の人日記 私の仕事感3/3

ヒトデ転職

「仕事」を紹介するのでなく、「人」を紹介させていただきます。

自分らしく生き生きと働ける場所探しをサポートする転職サービスです。
仕事を選ぶ時、そこに「会社」はありません。たくさんの「人」が集まって初めて、「会社」という形になるだけ。みなさんを待っているのは「会社」ではなく、一緒に泣いたり笑ったりできる「人」だけです。そんな「人」との出会いを大切にしながら、皆様の転職をサポートさせていただきます。お給料や雇用条件だけでは見えてこない、企業の体温のようなものを通じて、皆様の場所探しをいたします。「ヒトデからのお知らせ」(最新の求人やイベント情報等)もこちらからご登録いただけます。

 

こちらも受付中です↓